BLOG

ブログ

ブログ一覧へ→

お子さまが健やかに育って、将来便利に活用できる子ども部屋を設計するポイント

お子さまが健やかに育って、将来便利に活用できる子ども部屋を設計するポイント

こんにちは!ウキウキワクワクの家をご提供するストークホームの池田です。

家づくりのときに考えたいのが「子ども部屋をどうするか?」ということ。もちろん、これまでの主流だったスタイルのように2階に子ども部屋を設けるというのもありです。

しかし、お子さまが独立されたら使いみちがなくなってしまいます。お子さまが出ていかれた後に子ども部屋を持て余しているという方も少なくありません。

たとえば、最近多いのが広い部屋を設けて、お子さまが成長したら間仕切りをつけるというパターン。お子さまが独立されたら間仕切りを撤去することもできるので、柔軟性が高く自由に使うことができます

最近では、子ども部屋は小さくして本当に寝るだけ。リビングで勉強させるというご家庭も増えてきました。

リビングの空間を広げて、その一角にワークスペースを設けることで、いつでも勉強を見てあげられるし、家族のコミュニケーションも増えます。お子さまが引きこもりにくいという理由でそうしたスタイルを選択される方も増えてきています。

小上がりの畳スペースを設けて掘りごたつとテーブルを設けるのもいいですね。勉強に集中できて、お子さまが独立した後も客間や趣味の部屋などに使うことができます。

このように、子ども部屋一つとってもさまざまなアイディアがあります。最適なスタイルはそれぞれのご家庭によって違いますので、ご家族構成や教育方針、将来の活用方法など、さまざまなことを考えて理想の子ども部屋をイメージしてみてください。

CALENDAR

2020.11

November

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

STAFF

池田

コーディネーター

池田

スタッフの詳細へ

ブログ一覧へ→

SUUMOは
コチラから