BLOG

ブログ

ブログ一覧へ→

インテリアコーディネーターのワンポイントアドバイス~照明について・後編~

インテリアコーディネーターのワンポイントアドバイス~照明について・後編~

こんにちは!ウキウキワクワクの家をご提供するストークホームのコーディネーター池田です。

今回は照明の光の」について解説します。

照明の光には「電球色」「温白色」「昼白色」という3種類があります。電球色はオレンジっぽい色、昼白色は白っぽい色、温白色はその中間です。

基本的には温白色が使いやすいのですが、場所に応じて色味を変えてみるのもよいかもしれません。

たとえば子ども部屋や書斎などは電球色や温白色にすると少し暗く感じる場合があります。昼白色にすればくっきりと手元が見えて、頭も冴えて集中することができます。

寝室やリビングで落ち着いた雰囲気を演出したいなら電球色がおすすめ。特に寝室で昼白色にしてしまうと目が冴えてしまいますので、なるべく落ち着いた色味の照明を選びたいです。

調光式の照明なら、たとえば朝シャキっとしたいとき、お子さまがリビングで勉強するときは昼白色に、落ち着いてくつろぎたいという場合は電球色にというように、シーンや気分によって色味が変えられます

照明のタイプや光の色味によって空間の雰囲気が大きく変わりますので、家づくりの際にはぜひこだわってみましょう!

CALENDAR

2021.06

June

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

STAFF

池田

コーディネーター

池田

スタッフの詳細へ

ブログ一覧へ→

SUUMOは
コチラから