COLUMN

暮らしの情報

子どもを育てやすい家

子どもを育てやすい家

子どもと暮らす家は、お子様が安全に過ごせる間取りづくりを考えることが第一です。 ・安全に過ごせる空間とは…? それは、親御様の目が行き届く間取りだと考えます。 子どもと暮らす家は、お子様が安全に過ごせる間取りづくりを考えることが第一です。   ・安全に過ごせる空間とは…? それは、親御様の目が行き届く では、実際にどのような間取りですとお子様を育てやすいのか、ご紹介いたします。 ●キッチン 料理中でもお子様の様子が確認できるような、オープンキッチンですと安心できます それでは、どうすれば家事効率を良くできるでしょうか…まず、家の中の動線について意識してみましょう。 いくつもの家事を同時に行っているときに、1階と2階を何往復もしている…ということ 子ども部屋は、成長に応じて変化させていくことをおススメいたします。 ●子ども部屋はいつから必要? 子ども部屋を設けるタイミングは「小学生から検討する」という意見や「中学 では、実際にどのような間取りですとお子様を育てやすいのか、ご紹介いたします。     料理中でもお子様の様子が確認できるような、オープンキッチンですと安心できます。 また、2人以上でもストレスなく作業できるくらいの広いキッチンですと、ご家族様がお手伝いしやすくなるで 家族のコミュニケーションがとりやすい間取りが良いですよね。 例えば… ・リビング内に階段がある間取りですと、自然と顔を合わせる機会も増えます。 ・リビン 水まわりが1か所にまとまっていると、家事の同時進行がラクになります。 例えば、キッチンで料理をしながら、お風呂に入っているお子様の様子を見に行くときに便利です。 畳は、おむつ替えがラクにできますし、お昼寝のときにも最適です。また、クッション性が高いので、ひっくり返ったり転んだりしても安全です。 フローリングの場合、“置き畳”を使用してみても 子ども部屋は、成長に応じて変化させていくことをおススメいたします。     子ども部屋を設けるタイミングは… ・小学生から検討する ・中学生以降で良いと思う という意見など、様々です。   【幼児期に子ども部屋を与える場合】 この時期は、親と一緒に寝る子どもが多いでしょう。 お子様の個人的なスペースというより、お子様のお荷物などを置くスペースとして考えた お子様が2人以上いる場合、初めは共同の子ども部屋としてやや広めのスペースで使い、お子様の成長に応じて部屋を仕切るという方法があります。この場合、将来的に個室にしたときのことを想定し、部屋ごとにコ

間取り設計のこと

MORE→

平屋住宅の魅力

平屋住宅の魅力

日本らしさと欧米スタイルの良さを兼ね備えた和モダン住宅が人気ですが、共に人気が上がっている平屋住宅… 平屋住宅にはどのような魅力があるでしょう? 多くの人がリビング求める日当たりの良さですが、立地条件により南に家が建っていたりすることにより一階では日当たりが悪くなる場合でも二階に配置する事により日当たりを確保する事ができます。 ・階段がないことで年齢を重ねても長く住むことができる。 ・一階で洗濯した物を階段を使って二階まで上げる、掃除機を持っての上下移動するなどがなくなり、スムースに生活することができる。 隣家が近かったり、通行の多い道路と面していたりするとせっかく日当たりの良いリビングを作ったのに、状況によっては昼間カーテンを閉めっぱなしにしなくてはならなくなります。二階に配置すればプライバシー ・大きな窓や高窓、天窓も設置でき、自然光をたくさん入れることができる。 ・勾配天井のように屋根を高くすることができ、空間に広がりを持たせることができる。 ・上の階の重 先ほどのプライバシーと開放性とは相対するところが有りますが、二階リビングにする事によりプライバシーを確保しながら眺望の良い大きな窓を付ける事が可能となります。 ・二階建てや三階建てに比べ、一階にかかる重さが少ない分、揺れも少なく、地震に強い。 ・家の高さを抑えられるため、強風による影響も少ない。 一階のリビングだと二階に個室が載ってくる事により、空間の大きなリビングだと耐震性を確保する為に壁や柱を配置する必要が出てきたりするので大空間が取りづらくなってしまいがちですが、二階リビングではそ ・一階と二階に家族が孤立しないため、コミュニケーションが取りやすい。 ・小さいお子様がいるご家庭では家事をしながらも目の届く範囲で遊ばせることができる。 これも立地によるところが大きいが、1階では庭と繋がるリビングが取れれば良いがプライバーシーの点で庭と繋げてもやはりカーテンをしなければならない等という立地の場合には有効的で、二階リビングであれば ・二階以上がないため、設計の自由度が高く、変形地などの土地のデメリットを生かすことができる。 ・コの字、ロの字型の住宅にし、プライバシーを守った中庭を造りやすく、室内と中庭を繋いだ ・建ぺい率、容積率により、広い土地が必要(用途地域により異なる)。 ・敷地面積が広い場合が多く、基礎を造る費用が高くなることがある。 ・屋根も広くなるので、瓦や断熱材 ●コスト面 ・建ぺい率、容積率により、広い土地が必要(用途地域により異なる)。 ・敷地面積が広い場合が多く、基礎を造る費用が高くなることがある。 ・屋根も広くなるので、瓦や断熱材 立地条件や土地面積、ライフスタイルによっても平屋住宅か二階建て以上の住宅かどちらに適しているのかは変わります。 様々な条件、ご要望から皆様に合った最適のご提案をいたします。 ・玄関をはじめ、窓などの全てが一階に集結しているため、侵入できる経路が二階建てより多い。二重窓や防犯フィルムを張る、防犯性の高い鍵、センサーライトの設置などが必要となる。 ・周辺環境によっては二階建ての家から見えやすくプライバシーを守る工夫が必要になる。 ・二階建て以上の住宅に囲まれるなど、周辺の住宅状況により、光が取り込みにくいことがある。その場合 しかしながら、デメリットも工夫次第でメリットにもなります。   ・屋根が広くなった分、初期費用はかかるが、太陽光パネルを乗せ売電収入を得ることもできる。   立地条件や土地面積、ライフスタイルによっても平屋住宅か二階建て以上の住宅かどちらに適しているのかは変わります。 様々な条件、ご要望から皆様に合った最適のご提案をいたします。

間取り設計のこと

MORE→

二階リビングのメリット・デメリット

二階リビングのメリット・デメリット

① 日当たりの良さ 多くの人がリビング求める日当たりの良さですが、立地条件により南に家が建っていたりすることにより一階では日当たりが悪くなる場合でも 多くの人がリビング求める日当たりの良さですが、立地条件により南に家が建っていたりすることにより 一階では日当たりが悪くなる場合でも二階に配置する事により日当たりを確保する事ができま ① 階段の上り下りが大変 二階リビングだと買い物をしてきた時など、二階まで荷物を運ばなければなりません。若いうちは気にならないかも知れませんが、足腰 隣家が近かったり、通行の多い道路と面していたりするとせっかく日当たりの良いリビングを作ったのに、状況によっては昼間カーテンを閉めっぱなしにしなくてはならなくなります。 二階に配置す また、デメリットよりメリットが大きいと考えれば、二階リビングを採用するべきですし、一階リビングと二階リビングのどちらの方が良いという答えは無く、立地や生活スタイルに関わる事が大きく、建築家に良く 先ほどのプライバシーと開放性とは相対するところが有りますが、二階リビングにする事によりプライバシーを確保しながら眺望の良い大きな窓を付ける事が可能となります。 一階のリビングだと二階に個室が載ってくる事により、空間の大きなリビングだと耐震性を確保する為に壁や柱を配置する必要が出てくるため、大空間が取りづらくなってしまいがちですが、二階リビングではその上 一階リビングでお庭と繋がっていると解放感ある景色を楽しめますが、隣家とのプライバーシーを考慮せねばなりません。 カーテンなどで目隠しをすれば、せっかくの眺望を存分に楽しむことが出来 これも立地によるところが大きいが、1階では庭と繋がるリビングが取れれば良いがプライバーシーの点で庭と繋げてもやはりカーテンをしなければならない等という立地の場合には有効的で、二階リビングであれば 二階リビングだと買い物をしてきた時など、二階まで荷物を運ばなければなりません。 若いうちは気にならないかも知れませんが、足腰が弱ってきたりした時などは辛いかもしれません。 空気の性質として温まった空気は上にたまりますので一般的に一階より二階の方が夏場は暑くなります。 一階リビングの場合には二階の個室が一階よりも暑くなるのでどう考えるかによるところでも 二階リビングだと子供が帰ってきた時も感じにくく、また出かけた時も感じにくい。 また、人の出入りを感じにくいという事は防犯面でも注意が必要で有る。 二階リビングに適した立地はもともと一階には日当たりがよろしくなく、また、人の目線が多い場合があり、そこに個室を配置する必要が出てくる為、大きな窓も作りづらく更に個室が暗くなってしまう傾向にありま   メリットやデメリットを各上げさせて頂きましたが、例えばデメリットであげさせて頂いた夏の暑さですと、Stoked Homeで標準採用している高気密高断熱住宅性能であれば通常よりもその暑さの差は無く

間取り設計のこと

MORE→

アウトドアリビングで解放的な時間を過ごしませんか?

アウトドアリビングで解放的な時間を過ごしませんか?

これからの季節、太陽の光を浴びながら過ごすことも多くなると思います。 お家で気軽にアウトドア気分を味わえたらとても素敵なことですよね。 そこで今回は最近人気の空間「アウ リビングと隣接した庭やベランダ、またはバルコニーといった屋外スペースを、リビングのようにくつろげるようにした空間のことです。通常、アウトドアは準備をして現地へ出かけ、最後は後片付けをして自宅に帰 リビングと隣接した庭やベランダ、またはバルコニーといった屋外スペースを、 リビングのようにくつろげるようにした空間のことです。 通常、アウトドアは準備をして現地へ出かけ 【外部の影響を受けやすい】 雨にさらされる場所はサビ対策など、お庭同様メンテナンスは欠かせません。 ウッドデッキであれば年に一度は防水塗料の塗りなおし・防腐処理をしま 【リビングからの眺めが良くなる】 屋内からの眺めが良く、開放感があります。 風に当たりながら聞こえる音に耳を傾け、自分だけの特別な空間を楽しむことができます。 【外部の影響を受けやすい】 雨にさらされる場所はサビ対策など、お庭同様メンテナンスは欠かせません。 ウッドデッキであれば年に一度は防水塗料の塗りなおし・防腐処理をしま アウトドアリビングをより楽しく、自分らしいこだわりを持って頂けるよう、テーマ別コーディネートをご紹介致します。       **インテリアのご紹介に伴いまして** 弊社ではアウトドアリビングにピッタリのリゾート家具や床材、屋外ジャグジーなどのデザイン・製品化をしている、

間取り設計のこと

MORE→

暮らしを照らす照明器具

暮らしを照らす照明器具

ひとくちに照明器具といっても様々なタイプのものがあり、それぞれ特徴が異なります。 まずは、役割や機能を知ることで各お部屋に適した照明を探していきましょう。   <ペンダント> 吊り下げるタイプの照明器具です。 ダイニングテーブルの上や吹き抜けなどによく使われます。   <シャンデリア> <シーリングライト> 天井に直付けする照明器具です。一灯でもお部屋を均一に照らすことが出来ます。 <ペンダント> 吊り下げるタイプの照明器具です。 ダイニングテーブルの上や吹き抜けなどによく使われます。   <シャンデリア> <ブラケット> 壁面に取り付ける照明器具です。 壁にアクセントを与え、奥行き感が生まれます。   <スポットライト> <ダウンライト> 天井に光源を埋め込むため、天井がすっきりして見えます。 床面や壁面などを部分的に演出する際にも使用されますが、複数を組み合わせて全体照明としても使わ 様々な照明器具を頭に思い浮かべていただいたところで、今度は各シーンごとの選び方についてポイントをご紹介いたします。     様々な照明器具を頭に思い浮かべていただいたところで、今度は各シーンごとの選び方についてポイントをご紹介いたします。     くつろぎや団欒、時には人を招いたりとコミュニケーションの中心になるリビングとダイニング。 複数の明かりを設置して、用途に合わせて明暗のアクセントをつけてあげると奥行き感のあるワンラ くつろぎや団欒、時には人を招いたりとコミュニケーションの中心になるリビングとダイニング。 複数の明かりを設置して、用途に合わせて明暗のアクセントをつけてあげると奥行き感のあるワンラ 例えば、ソファの横などにスタンドライトを置いて手元の明るさを確保したり、ダイニングテーブルの上にペンダントライトを吊り下げて食卓を演出したり。ダイニングでは、暖色系の照明を使うと、美味しい料理が 一日の終わりにはあたたかい光が合いますね。 横になった時に強い光が直接目に入らないようにしましょう。 全体照明は電球色や、シェード付きや、寝室で服を選んでいるという方 一日の終わりにはあたたかい光が合いますね。 横になった時に強い光が直接目に入らないようにしましょう。 全体照明は電球色や、シェード付きや、寝室で服を選んでいるという方 リラックスしたい時は電球色が良いですが、お出かけの支度をする時は太陽光に近い昼白色にも切り替えることが出来ます。 また、拡散光や関節光は安らぎを与える効果があります。 お部屋と違って長時間つけておくことがあまりない玄関と廊下。 蛍光灯は消したりつけたりを繰り返すと寿命が短くなってしまうということをご存知でしょうか? 階段やトイレも含 お部屋と違って長時間つけておくことがあまりない玄関と廊下。 蛍光灯は消したりつけたりを繰り返すと寿命が短くなってしまうということをご存知でしょうか? 階段やトイレも含 日本の住宅では、「一室一灯」の考えがが広く浸透していました。 しかし近年は、複数のあかりを組み合わせた「多灯分散」というスタイルが主流になりつつあります。   日本の住宅では、「一室一灯」の考えがが広く浸透していました。 しかし近年は、複数のあかりを組み合わせた「多灯分散」というスタイルが主流になりつつあります。  

間取り設計のこと

MORE→

構造計算はしなくて良い!?

構造計算はしなくて良い!?

建築基準法では以下項目を満たす木造建物は構造計算を義務化しておりません。 ・木造2階建て以下 ・延べ面積500㎡(151.25坪)以下 ・高さ13m以下 構造計算にもいくつかの種類はありますが、木造住宅で良く用いられる許容応力度計算とは、 それぞれの部材(柱、梁、基礎など)の限界体力を把握し、建築物にかかる固定荷重や積載荷重に長期荷重 では何故構造計算を行なった方が良いのに現在建てられている木造住宅のほとんどが構造計算行われていないのでしょうか? 構造計算は普段から行っていないと複雑で知識や時間もかかるので、やった事も無い工務店もたくさんあるのが現状で、 構造設計者に外注で依頼しようと思うと費用も掛かり、 打合せし

住宅性能のこと

MORE→

気密の大切さ

気密の大切さ

気密性が高い家は、外気が意図せず入ってこない為、外気の影響を受けづらく冷暖房も効率よく効きます。 また、現在のエアコンの畳数の設定は1964年に制定されてから改正されておらず現在ま 気密性が低いと第三種換気の換気扇付近の意図しない隙間より空気が入りこみ近いところでのみ換気しかできなくなるショートサーキット現象が起き適切に換気できず汚れた空気が室の中に留まりや、外気に含まれる 気密性が低い住宅は外気が壁内に入ってきます、温められた室内の空気が外気と混ざると急に温度が下げられ壁内結露の原因となります。 壁内結露が起きると、断熱材が濡れ断熱性能の低下が起こり 快適に住まう為には騒音の遮断も重要になってきます。車通りの多い道路に面した所では車の騒音が気にならなくなり、住宅地では家の中の音が漏れにくくなり隣家への気を使うストレスも軽減されます。 よく言われるデメリットとして空気が家の中にこもり夏に熱いと言われますが、先ほどのメリットでも説明があった通りに高気密化されていた方が24時間換気の効率が良いのです。確かに24時間換気しない場合は よく言われるデメリットとして空気が家の中にこもり夏に熱いと言われますが、先ほどのメリットでも説明があった通りに高気密化されていた方が24時間換気の効率が良いのです。 確かに24時間   弊社では全棟気密住宅とし施工しております。 また、弊社の提案する建築化空調エコエアロを採用の場合にはC値=0.5以下の超高気密住宅とし全棟気密検査も行わせて頂いております。

住宅性能のこと

MORE→

次世代住宅ポイントのススメ!

次世代住宅ポイントのススメ!

次世代住宅ポイント制度とは、一定の耐震性、省エネ性、バリアフリー性能等を満たす住宅や家事負担の軽減に役立つ住宅の新築やリフォームをされた方に対し、さまざまな商品と交換できるポイントを発行する制度 過去には「住宅エコポイント」と呼ばれる制度として2009年に導入、その後東日本大震災による復興のため2011年、地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策として2014年にそれぞれ実施され、今回が4 「環境」「安全・安心」「健康長寿・高齢者対応」「子育て支援、働き方改革」に資する住宅の新築・リフォームが対象です。 今回はその概要をご紹介します。 ●実 「環境」「安全・安心」「健康長寿・高齢者対応」「子育て支援、働き方改革」に資する住宅の新築・リフォームが対象です。 今回はその概要をご紹介します。   次世代住宅エコポイントの申請には大きく2つの方法があります。 新築やリフォームの工事を住宅を所有する方が、業者と請負契約をした後で対象となる工事をする前に事務局に対しポ 契約の期間に関しては ①2019年4月~2020年3月に請負契約・着工をした注文住宅(持家)・リフォーム ②2018年12月21日~2020年3月に請負契約・着工し、 ・ポイント発行申請期間 2019年6月3日~予算の執行状況に応じて公表(遅くとも2020年3月31日)   ・商品交換申込期間 2020年3月31日まで事務局が商品および提供事業者の募集を行っています。 募集対象は政策テーマに資する商品とされており、下記がその一例です。   次世代住宅エコポイントの申請には大きく2つの方法があります。 ①新築やリフォームの工事を住宅を所有する方が、業者と請負契約をした後で対象となる工事をする前に事務局に対しポイントを申 今回ご紹介した内容の詳細は下記の公式サイトからもご参照いただけます。

お金のこと

MORE→

増税後の住宅購入のメリット!?

増税後の住宅購入のメリット!?

現行の住宅ローン減税について、控除期間を(10年→13年)適用年の11〜13年目までの各年の控除限度額は以下のいずれか小さい額となります。 ・住宅借入金等の年末残高※×1% 所得制限の緩和による対象者の拡充(収入額(目安)で、現行の510万円以下が775万円以下に)給付額が現行の最大30万円から最大50万円に引上げられる支援策です。 目安として 一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能を満たす住宅や家事負担の軽減に資する住宅の新築やリフォームに対し商品と交換可能なポイントを付与するという支援策である。 新築住宅に関しては以下 父母や祖父母等の直系尊属から、住宅取得資金の贈与を受けて住宅を取得した場合、現行は最大1,200万円までの贈与税の非課税枠を増税後は最大3,000万円まで非課税と非課税枠引き上げる支援策である。 住宅会社、工務店を選ぶ際にはこのような支援策に詳しいかどうかも判断にすると、日々努力しているかの判断にもなるかと思いますので参考にしてください。

お金のこと

MORE→

SUUMOは
コチラから