COLUMN

暮らしの情報

暮らしの情報一覧へ

リビング学習という選択肢

間取り設計のこと

リビング学習という選択肢

最近では子ども部屋ではなくリビングで宿題や勉強をさせるというご家庭も多くなってきました。リビング学習をしている子のほうが、成績がいいという説もあるくらいです。

・リビング学習のメリット

リビング学習には以下のようなメリットがあります。

・勉強に集中する

子ども時代に勉強の最中についつい漫画を読んだり、ゲームをしたり、携帯をいじったり…そんな経験がある方も少なくないかと思います。リビング学習であれば親の目が届くので集中して勉強するようになります。

・家事をしながら勉強を見てあげられる

リビング学習なら親が料理や洗濯など家事をしている合間にも勉強を見てあげることができるのもメリットです。勉強をしていてわからないところがあれば、すぐに教えてあげることができます。リビング学習をしている子のほうが成績がいいのは、わからないことをそのまま放置するのではなく、すぐに聞けるということも関係しているのかもしれません。

・子どもが引きこもらず、家族のコミュニケーションが増える

子ども部屋を与えて、勉強も就寝もそこでするとなると、部屋に引きこもりがちになってしまう可能性があります。リビング学習にすれば部屋に閉じこもる時間が少なく、家族とのコミュニケーションも増えます。

・リビング学習のデメリット

リビング学習はメリットだけではありません。以下のようなデメリットも考えられます。

・勉強に集中できない

先ほどメリットに挙げたことと矛盾するかもしれませんが、親の視線が気になる、テレビや家事の音で集中できないといったケースも考えられます。

・親も気を遣う

子どもが勉強している間は親が勉強に集中できる環境を作ってあげなければいけません。勉強の妨げになるテレビは観ない、なるべく音を立てないようにする、話しかけないようにするなど、気を遣ってあげる必要があります。

・専用のスペースが必要

勉強するための机、椅子、読書灯、教科書や参考書を置く本棚などをリビングに設けてあげる必要があります。すでに住まわれているお家で家具もある状態だと、少し手狭になってしまうかもしれません。

リビング学習という選択肢

リビング学習に適した間取り

まずは子どもが勉強できる環境を整えてあげましょう。最近ではリモートワークの普及もあってリビングの一角にワーキングスペースを設ける方も増えてきました。造り付けのカウンターテーブルがあれば、学習机を購入する必要はありません。

また、子どもは成長とともに自我が芽生えます。勉強はリビングでしても、寝る場所や着替える場所も家族と同じというのはなかなか難しいので、やはり寝室を別で作ってあげる必要があります。

ご家庭のスタンスに合わせて子ども部屋を作ろう

子ども部屋のスタイルや、リビング学習をさせるか否かなどはご家庭のスタンスによって異なります。どのように育てるか?勉強をさせるか?子育ての方針を考えた上で、間取りを考えてみましょう。

暮らしの情報一覧へ→

SUUMOは
コチラから