COLUMN

暮らしの情報

暮らしの情報一覧へ

コロナ禍でわかったアウトドアリビングの良さ

間取り設計のこと

コロナ禍でわかったアウトドアリビングの良さ

新型コロナ禍で自粛生活が余儀なくされたのをきっかけに、アウトドアリビングはますます意味のあるものになってきたと考えています。自宅にアウトドアリビングがあることでどのような良いことがあるのかを見ていきましょう。

【気兼ねなく外に出ることができる】

緊急事態宣言の発令時には国民に対して自粛要請が出されました。旅行やアウトドアを予定していたのに行けなかったという方も少なくないかと思います。アウトドアリビングがあれば、出かけなくても外に出ることができ、ストレス発散になります。もちろん感染する・させるリスクも低く抑えることができます。

【お子さまの遊び場になる】

学校が休校になってお子さまが家の中で身を持て余しているというご家庭もあったかと思います。子どもにとって外が出られない・思いっきり遊べないという閉塞感は、大人が考える以上に大きなストレスです。アウトドアリビングがあれば、お子さまの良い遊び場にもなります。

【おうちが広く感じられる】

外に頻繁に出なくてもアウトドアリビングの良さが感じられます。内と外につながりができることで、室内が広く感じられるという視覚的効果が得られます。また、おうち時間を過ごしているときでも、外の風景が目に入ることで、季節感や時間の経過を感じられるようになります。

アウトドアリビングの活用法

せっかくアウトドアリビングを設けるなら使わなきゃもったいない。より毎日が楽しくなるような活用方法をご提案します。

【バーベキュー】

やはり王道といえばバーベキュー。夏場に家族や友人が集まってビールを飲みながら焼きたてのお肉やお野菜を楽しむのは格別です。コロナ禍が空けたら思いっきり楽しみましょう。

【外で食事をする】

いつもの食事も外で食べれば気分がガラリと変わります。アウトドアリビングで食事をすることを前提に家事動線を設計すれば、キッチンで作った料理を外に出すのも苦になりません。

【おうちキャンプ】

アウトドアリビングにテントを張ればキャンプ気分も味わうことができます。キャンプ場に行かなくてもいいし、雨が降ってきたらおうちの中にすぐ戻ることができるのもメリット。特にお子さまにとっては良い思い出になること間違いなしです。

番外編~ベランピングとは?~

最近「ベランピング」という言葉が話題になっています。「ベランダ」と「グランピング」をミックスした言葉で、自宅のベランダや庭でアウトドア気分を味わうものです。とはいえ難しいことをする必要はありません。チェアやハンモックを置いて屋外で読書をしたり、コーヒーを飲んだり、昼寝をしたり、好きなように過ごします。

 

アウトドアリビングがあればこうしたライフスタイルを楽しむことができますので、ぜひ検討してみてください。

 

暮らしの情報一覧へ→

SUUMOは
コチラから