COLUMN

暮らしの情報

暮らしの情報一覧へ

新しい生活様式に対応した家づくり

間取り設計のこと

新しい生活様式に対応した家づくり

新型コロナウイルスは私たちの生活を大きな変化をもたらし、「新しい生活様式」という言葉も生まれてきたほどです。家づくりでも新しい生活様式に対応できるさまざまな工夫があります。

・ワークスペース

新型コロナ禍でこれまでと大きく変わったのが働き方。会社に出勤せず、自宅で仕事をする「リモートワーク」が一気に普及しました。それにともなってワークスペースをおうちの中に取り入れる方も増えてきています。

リビングや寝室の一角にカウンターテーブルを設ければ、そこでお仕事ができるようになります。コンセントも配置すれば、パソコンやスマホの電源も心配ありません。他にも洗濯物を畳んだり、お子さまが宿題をしたり、さまざまな用途に活用できます。

・ウェルカム洗面

新型コロナウイルスの感染を防ぐためには手洗いうがいをすることが大切です。また、ウイルスをおうちの中に持ち込むと家庭内クラスターが起こる危険性があります。

玄関に小さい洗面「ウェルカム洗面」を設ければ、おうちに上がる前に手洗いうがいができるので、感染のリスクを抑えることにつながります。お子さまに手洗いうがいを習慣づけさせるのにもぴったりです。

・アウトドアリビング

コロナ禍では緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が出されて外出自粛が呼びかけられました。自由に外に出られないのは想像以上にストレスが溜まります。

アウトドアリビングがあれば、外で食事をしたり、ベランピングでアウトドア気分を味わったり、外出しなくても気分転換できます。プライベートな空間なので、他人と接触することもありません。

・換気

手洗いうがいと並んで感染症対策として効果的なのが換気です。空気をしっかり入れ替えれば感染のリスクを軽減することができます。

ストークホーム独自の全館空調システム「S-Airsystem」は換気・空気清浄機能も搭載されていて、常におうちの中にきれいな空気を供給します。

資金計画には一層のご注意を

新型コロナ禍の影響で景気が低迷しています。また、「年功序列・終身雇用」という考え方が変わってきて、なかなか将来が見通せない状況が続いています。家づくりの際にはこれまで以上に資金計画や予算管理をシビアに考えなければいけなくなってきています。

将来を見据えて計画を立てて、お金をかける部分はかけて、削れるところは削るといったメリハリがあるプランニングが重要になってくるのではないかなと考えられます。

暮らしの情報一覧へ→

SUUMOは
コチラから