COLUMN

暮らしの情報

暮らしの情報一覧へ

二階リビングのメリット・デメリット

間取り設計のこと

二階リビングのメリット・デメリット

家族が集まり、家での生活の大半を過ごし、家作りの際に多くの人が重要視するリビングルームですが、最近は2階に配置する場合も増えています。二階に配置することで沢山のメリットがありますがデメリットもありますので、それぞれを踏まえ選択する必要が有ります。

そこで、本記事では二階リビングについてメリット・デメリットのご紹介です。

二階リビングのメリット

①日当たりの良さ

多くの人がリビング求める日当たりの良さですが、立地条件により南に家が建っていたりすることにより

一階では日当たりが悪くなる場合でも二階に配置する事により日当たりを確保する事ができます。

②プライバシーの確保

隣家が近かったり、通行の多い道路と面していたりするとせっかく日当たりの良いリビングを作ったのに、状況によっては昼間カーテンを閉めっぱなしにしなくてはならなくなります。

二階に配置すればプライバシーの確保がしやすくなります。

③開放性の良さ

先ほどのプライバシーと開放性とは相対するところが有りますが、二階リビングにする事によりプライバシーを確保しながら眺望の良い大きな窓を付ける事が可能となります。

④大空間が取りやすい

一階のリビングだと二階に個室が載ってくる事により、空間の大きなリビングだと耐震性を確保する為に壁や柱を配置する必要が出てくるため、大空間が取りづらくなってしまいがちですが、二階リビングではその上に重量のあるものが無く大空間が取りやすくなります。

⑤外との繋がりを取りやすい

一階リビングでお庭と繋がっていると解放感ある景色を楽しめますが、隣家とのプライバーシーを考慮せねばなりません。

カーテンなどで目隠しをすれば、せっかくの眺望を存分に楽しむことが出来ませんよね。

そのような立地の場合に有効なのが二階リビングです。

二階リビングであれば解放感ある眺望を独占でき、大きめのバルコニーと繋げる事でバルコニーをお庭(アウトドアリビング)として使用出来ます。天気の良い日には隣家を気にせずバルコニーでランチやディナーを楽しんではいかがでしょうか?

二階リビングのデメリット

①階段の上り下りが大変

二階リビングだと買い物をしてきた時など、二階まで荷物を運ばなければなりません。

若いうちは気にならないかも知れませんが、足腰が弱ってきたりした時などは辛いかもしれません。

②夏暑い

空気の性質として温まった空気は上にたまりますので一般的に一階より二階の方が夏場は暑くなります。

一階リビングの場合には二階の個室が一階よりも暑くなるのでどう考えるかによるところでも有ります。

③人の出入りを感じにくい

二階リビングだと子供が帰ってきた時も感じにくく、また出かけた時も感じにくい。

また、人の出入りを感じにくいという事は防犯面でも注意が必要で有る。

④個室が暗くなりがち

二階リビングに適した立地はもともと一階には日当たりがよろしくなく、また、人の目線が多い場合があり、そこに個室を配置する必要が出てくる為、大きな窓も作りづらく更に個室が暗くなってしまう傾向にあります。


 

二階リビングのメリット・デメリット

メリットやデメリットを各上げさせて頂きましたが、例えばデメリットであげさせて頂いた夏の暑さですと、Stoked Homeで標準採用している高気密高断熱住宅性能であれば通常よりもその暑さの差は無くなり、そこまで気にするデメリットでも無くなります、更に全館空調などを採用すれば一切デメリットでは無くなります。

その他のデメリットも建築により解消する事も可能でしょう。

また、デメリットよりメリットが大きいと考えれば、二階リビングを採用するべきですし、一階リビングと二階リビングのどちらの方が良いという答えは無く、立地や生活スタイルに関わる事が大きく、建築家に良く相談し納得して決めるのが良いでしょう。

暮らしの情報一覧へ→

SUUMOは
コチラから