COLUMN

暮らしの情報

暮らしの情報一覧へ

増税後の住宅購入のメリット!?

お金のこと

増税後の住宅購入のメリット!?

2019年10月1日に消費税は8%から10%に引上げされる事となりましたが、増税による住宅購入の負担を軽減するべく支援策が用意されておりますので支援策の併用により、増税後の購入の方が金銭的にもメリットが出ることも有りますので、支援策を順番に解説していきます。

1. 住宅ローン減税の控除期間が3年延長

現行の住宅ローン減税について、控除期間を(10年→13年)適用年の11〜13年目までの各年の控除限度額は以下のいずれか小さい額となります。

・住宅借入金等の年末残高※×1%
・建物購入価格※×2/3%(2%÷3年)
※4,000万円を限度(長期優良住宅や低炭素住宅の場合は5,000万円を限度

つまり、延長期間の3年間で増税分の2%を限度に税金の控除を受けられる支援策であり、これだけでも最大分受けられれば増税分のメリットがある支援策であるが、最大限受けられるかどうかは個々に判断は必要となります。

2. すまい給付金が最大50万円に(現行は最大30万円)

所得制限の緩和による対象者の拡充(収入額(目安)で、現行の510万円以下が775万円以下に)給付額が現行の最大30万円から最大50万円に引上げられる支援策です。

目安として
年収400万円で扶養家族1人の方は現行給付額30万円が50万円と20万円分増額
年収600万円で扶養家族1人の方は現行給付額0万円が30万円と30万円分増額
年収775万円で扶養家族1人の方は現行給付額0万円が10万円と10万円分増額

となり、上記のシミュレーションの場合は年収775万円以下の方はメリットがある支援策である。
※シミュレーションは分かりやすく年収で行っておりますが、給付金額が年収で決まるのもではなく都道府県住民税の所得割額により決まります。よって年収が775万円以上でも給付金が出ることも有りますし775万円以下でも給付金が出ないことも有ります。

3. 新築最大35万円、リフォーム最大30万円相当分新たなポイント制度増設

一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能を満たす住宅や家事負担の軽減に資する住宅の新築やリフォームに対し商品と交換可能なポイントを付与するという支援策である。
新築住宅に関しては以下のようにポイント付与が定められている。


A 標準ポイントとして以下のいずれかに適合する場合に30万ポイント
・エコ住宅(断熱等級4または一次エネ等級4を満たす住宅)
・長持ち住宅(劣化対策等級3かつ維持管理対策等級2等を満たす住宅)
・耐震住宅(耐震等級2を満たす住宅又は免震建築物)
・バリアフリー住宅(高齢者等配慮対策等級3を満たす住宅)


B 優良ポイントとして以下のいずれかに適合する場合に5万ポイント
・認定長期優良住宅
・低炭素認定住宅
・性能向上計画認定住宅
・ZEH


C オプションポイントとして各項目を満たす場合に各定められたポイント
・ビルドイン食洗機 1.8万ポイント
・掃除しやすいレンジフード 0.9万ポイント
・ビルトイン自動調理対応コンロ 1.2万ポイント
・掃除しやすいトイレ 1.8万ポイント
・浴室乾燥機 1.8万ポイント
・宅配ボックス 1万ポイント
・耐震性のない住宅の建替 15万ポイント


A標準ポイント、B優良ポイント及びCオプションポイントは合計でき最大35万ポイント(35万円相当分)が付与されます。

 

4. 贈与税非課税枠は最大3,000万円に拡大(現行は最大1,200万円)

父母や祖父母等の直系尊属から、住宅取得資金の贈与を受けて住宅を取得した場合、現行は最大1,200万円までの贈与税の非課税枠を増税後は最大3,000万円まで非課税と非課税枠引き上げる支援策である。父母や祖父母から例えば3,000万円贈与を受けると税率45%(控除額265万円)で1.085万円の贈与税を納めることとなるが、住宅取得資金の為の贈与だと非課税となるのです。現行は1,200万円までは非課税ですがそれ以上の贈与の方は増税後の購入のがメリットとなります。

例えば年収600万円扶養家族1人の方が1〜3の支援策を利用した場合建物代金3,000円(税別)の場合

 

  1.  住宅ローン控除の延長 60万円
  2. 住まい給付金増加額  30万円
  3. 住宅エコポイント 35万円相当(ポイント)

 

合計125万円相当のメリットが得られる事となる。
この支援策の恩恵を十分に得られる為には、知っていないと住宅会社の言いなりでは受けられない事となる事も十分有ります。住宅会社もこの支援策を受ける為には増える申請事などもある為、そのまま建てて頂けるならわざわざ言わない可能性も考えられます。


住宅会社、工務店を選ぶ際にはこのような支援策に詳しいかどうかも判断にすると、日々努力しているかの判断にもなるかと思いますので参考にしてください。

暮らしの情報一覧へ→

SUUMOは
コチラから