COLUMN

暮らしの情報

暮らしの情報一覧へ

平屋住宅の魅力

間取り設計のこと

平屋住宅の魅力

少し前までは平屋住宅と聞くと、お子様が巣立った後にご夫婦がのんひり暮らしてるイメージだった『平屋住宅』。

近年では若い世代からも高い支持を集めています。

『平屋住宅』の魅力を紹介させていただきます。

平屋住宅の魅力

日本らしさと欧米スタイルの良さを兼ね備えた和モダン住宅が人気ですが、共に人気が上がっている平屋住宅…

平屋住宅にはどのような魅力があるでしょう?

魅力①:生活動線の良さ

・階段がないことで年齢を重ねても長く住むことができる。

・一階で洗濯した物を階段を使って二階まで上げる、掃除機を持っての上下移動するなどがなくなり、スムースに生活することができる。

・同じフロアに全てが集結しているため、効率のいい生活動線が確保できる。

魅力②:解放感ある間取り

・大きな窓や高窓、天窓も設置でき、自然光をたくさん入れることができる。

・勾配天井のように屋根を高くすることができ、空間に広がりを持たせることができる。

・上の階の重さがないため、二階建て以上に比べ柱が少なく済み、間取りの自由度が上がる。

魅力③:高い耐震性能

・二階建てや三階建てに比べ、一階にかかる重さが少ない分、揺れも少なく、地震に強い。

・家の高さを抑えられるため、強風による影響も少ない。

魅力④:コミュニケーション

・一階と二階に家族が孤立しないため、コミュニケーションが取りやすい。

・小さいお子様がいるご家庭では家事をしながらも目の届く範囲で遊ばせることができる。

魅力⑤:その他

・二階以上がないため、設計の自由度が高く、変形地などの土地のデメリットを生かすことができる。

・コの字、ロの字型の住宅にし、プライバシーを守った中庭を造りやすく、室内と中庭を繋いだアウトドアリビングにも適している。

気になるデメリット

●コスト面

・建ぺい率、容積率により、広い土地が必要(用途地域により異なる)。

・敷地面積が広い場合が多く、基礎を造る費用が高くなることがある。

・屋根も広くなるので、瓦や断熱材の量が増える。

●防犯面

・玄関をはじめ、窓などの全てが一階に集結しているため、侵入できる経路が二階建てより多い。二重窓や防犯フィルムを張る、防犯性の高い鍵、センサーライトの設置などが必要となる。

●生活面

・周辺環境によっては二階建ての家から見えやすくプライバシーを守る工夫が必要になる。

・二階建て以上の住宅に囲まれるなど、周辺の住宅状況により、光が取り込みにくいことがある。その場合は天窓や天井の高い位置に窓を設けるなどの設計が必要。

・2台以上の車を所有している場合は駐車場確保が難しくなる場合がある。

デメリットをメリットに!?

しかしながら、デメリットも工夫次第でメリットにもなります。

 

・屋根が広くなった分、初期費用はかかるが、太陽光パネルを乗せ売電収入を得ることもできる。

・一階部分に部屋が集まっているため、冷暖房効率がいい。

・費用面で広い土地を購入できない場合はロフトや屋根裏に収納スペースを造るなど、空間を活かした設計も可能。

・二階建て以上の場合は各階に欲しくなるトイレがひとつで済み、階段や付随するホールスペースやベランダが不要になる。

・外装の劣化による塗り替えなどメンテナンスの際に、二階建て以上に比べて壁の面積が狭いので、工期も短く済み、人件費や足場を組む費用も抑えられる。


 

平屋住宅の魅力

立地条件や土地面積、ライフスタイルによっても平屋住宅か二階建て以上の住宅かどちらに適しているのかは変わります。

様々な条件、ご要望から皆様に合った最適のご提案をいたします。

住宅の専門家である私たちにぜひご相談ください。

暮らしの情報一覧へ→

SUUMOは
コチラから