COLUMN

暮らしの情報

暮らしの情報一覧へ

暮らしを照らす照明器具

間取り設計のこと

暮らしを照らす照明器具

暮らしに欠かせないアイテム、照明器具。

ですが、ただ明るく照らすだけのものとして選んでいませんか?
お部屋につける照明器具は、その選び方によってお部屋の雰囲気を変えたり快適性を高めたりと色々な演出をすることができます。

今回はそんな照明についてスポットを当てたいと思います。

照明器具の種類

ひとくちに照明器具といっても様々なタイプのものがあり、それぞれ特徴が異なります。

まずは、役割や機能を知ることで各お部屋に適した照明を探していきましょう。

暮らしを照らす照明器具


 

全体照明

<シーリングライト>

天井に直付けする照明器具です。一灯でもお部屋を均一に照らすことが出来ます。

<ペンダント>

吊り下げるタイプの照明器具です。

ダイニングテーブルの上や吹き抜けなどによく使われます。

 

<シャンデリア>

こちらもペンダント同様に吊り下げるタイプです。

装飾された多灯型の照明器具なので、お部屋を華やかに演出します。

部分照明

<ダウンライト>

天井に光源を埋め込むため、天井がすっきりして見えます。

床面や壁面などを部分的に演出する際にも使用されますが、複数を組み合わせて全体照明としても使われています。

 

<ブラケット>

壁面に取り付ける照明器具です。

壁にアクセントを与え、奥行き感が生まれます。

 

<スポットライト>

天井や壁に設置し、絵や観葉植物など、対象物に集中的に光を当てたいときに使う照明器具です。

 

<フロアスタンド>

床に置くタイプのスタンドです。移動が簡単なため、好きなところに置くことが可能です。

 

<テーブルスタンド>

ベッドサイドや机上に置いて手元灯に。

こちらも、コンセントさえあればどこへでも移動できます。

 

<フットライト>

足元を照らす照明器具。

一般的には歩行の安全確保のために廊下や階段などに使用されます。

場所に合わせた選び方

様々な照明器具を頭に思い浮かべていただいたところで、今度は各シーンごとの選び方についてポイントをご紹介いたします。

 


 

●リビング・ダイニング

くつろぎや団欒、時には人を招いたりとコミュニケーションの中心になるリビングとダイニング。

複数の明かりを設置して、用途に合わせて明暗のアクセントをつけてあげると奥行き感のあるワンランク上のお部屋に仕上がります。

暮らしを照らす照明器具

例えば、ソファの横などにスタンドライトを置いて手元の明るさを確保したり、ダイニングテーブルの上にペンダントライトを吊り下げて食卓を演出したり。ダイニングでは、暖色系の照明を使うと、美味しい料理がいっそう引き立ちます。

 

また、人は、遠くのものが照らされていると遠近感を感じます。

それを利用し、ブラケットやスポットライトで壁に飾った絵や観葉植物を照らしたり、スタンドライトをコーナーに置いたりすると、お部屋を広く感じることが出来ます。

●寝室

一日の終わりにはあたたかい光が合いますね。

横になった時に強い光が直接目に入らないようにしましょう。

全体照明は電球色や、シェード付きや、寝室で服を選んでいるという方には調色機能つきのLEDを使ったシーリングライトもおすすめです。

暮らしを照らす照明器具

リラックスしたい時は電球色が良いですが、お出かけの支度をする時は太陽光に近い昼白色にも切り替えることが出来ます。

また、拡散光や関節光は安らぎを与える効果があります。

壁にブラケットを設置したり、テーブルスタンドや床置き照明など、低い位置に補助照明を置いて常夜灯代わりに使うのもおすすめです。

リモコンタイプの照明も寝る際にはとても便利ですので是非お試しください。

●玄関・廊下

お部屋と違って長時間つけておくことがあまりない玄関と廊下。

蛍光灯は消したりつけたりを繰り返すと寿命が短くなってしまうということをご存知でしょうか?

階段やトイレも含め頻繁にオン・オフするような場所は、寿命が長く点灯までの時間も早いLED電球がおすすめです。

廊下は、足元まではっきり見える明るさが必要です。

夜間に起きたときのためにフットライトを設置しておくと安心ですね。

人が通るときだけ点灯するセンサー付きですと、便利で省エネ性にも優れます。

「多灯分散照明」でエコな暮らし?

日本の住宅では、「一室一灯」の考えがが広く浸透していました。

しかし近年は、複数のあかりを組み合わせた「多灯分散」というスタイルが主流になりつつあります。

 

外出先や、雑誌、テレビなどで見るおしゃれなインテリアを思い返すと、たくさんの照明が使われていたような気がしませんか?

先程の項目でもご紹介したように、生活シーンに合わせて自由に照明を組み合わせることで、お部屋に奥行きをプラスしたりインテリアに華を添えることができます。

 

さらに、それだけではありません!

 

いくつも照明器具を使うなんて、電気代が無駄じゃない?と思われるかもしれませんが、むしろ逆です。

必要なところだけ点灯すれば、電気代の節約に繋がるのです。

 

ワット数を抑えた照明を分散し、必要なものだけつけたり消したりすることで無駄な消費電力も減ってエコな暮らし。

おしゃれなインテリアでちょっといいことをしている気分になれますね。

 


 

お部屋の快適さを左右する照明器具についてのご紹介は、いかがでしたでしょうか。

照明器具によっては、設置工事が必要になってくるものもございますが、簡単に試せるものも数多くございますので是非お客様の好みのスタイルに合わせて取り入れてみてください。

お客様の理想のお住まいづくりのお手伝いができましたら幸いです。

是非お気軽にご相談ください。

暮らしの情報一覧へ→

SUUMOは
コチラから