COLUMN

暮らしの情報

暮らしの情報一覧へ

子どもを育てやすい家

間取り設計のこと

子どもを育てやすい家

今回は「子どもを育てやすい家」についてお伝えいたします。

子どもを育てやすい家は、親子にとっても暮らしやすく、優しい設計の家となります。

子どもを育てやすい間取りとは?

お子様が安全に過ごせる間取りづくりを考えることを第一に。

子どもと暮らす家は、お子様が安全に過ごせる間取りづくりを考えることが第一です。

 

・安全に過ごせる空間とは…?

それは、親御様の目が行き届く間取りだと考えます。

 

・親御様の目が行き届く間取りにするには…?

家の中で移動距離が長くならないように、家事効率を良くすることが大切です。

どうすれば家事効率を良くできる?

それでは、どうすれば家事効率を良くできるでしょうか…まず、家の中の動線について意識してみましょう。

いくつもの家事を同時に行っているときに、1階と2階を何往復もしている…ということはありませんか?

 

そういうときは、“家事動線”を見直してみると良いでしょう。

起床してから就寝するまでの行動を思い返し、 “この家事をする際、どのスペースが近ければスムーズか” を考えてみることをオススメします。

※家事動線…家事をする際に移動する経路のことです。

 


 

子どもを育てながら家事をこなすことはとても大変ですよね。

家の中での移動距離を短くし、子どもから目を離す時間が少しでも短くなるようにしましょう。

空間別おススメの間取り

では、実際にどのような間取りですとお子様を育てやすいのか、ご紹介いたします。

 


 

●キッチン

料理中でもお子様の様子が確認できるような、オープンキッチンですと安心できます。

また、2人以上でもストレスなく作業できるくらいの広いキッチンですと、ご家族様がお手伝いしやすくなるでしょう。

●リビング

家族のコミュニケーションがとりやすい間取りが良いですよね。

例えば…

・リビング内に階段がある間取りですと、自然と顔を合わせる機会も増えます。

・リビングを中心とした、複数の部屋へ行き来できるような、回遊動線の間取りを考えてみても良いでしょう。
※回遊動線…家の中をぐるっと回れるような経路のことです。

 

また、子どもの成長に応じて工夫してみてるのもお勧めです。成長段階に分けてご紹介いたします。

【幼児期】
リビングにテラスが面していると、お子様の遊び場が外へと広がっていき、より活発に遊べます。

【学童期】
リビングに勉強ができるスペースを設けると、お子様が家族に分からない部分をすぐ聞けるというメリットがあります。
更に、生活音の中で勉強をすることで集中力も身に付きます。勉強をするスペースの近くに、勉強道具を収納できるスペースがあると良いかと思われます。

【思春期】
子どもが思春期になると、リビングで過ごす時間が減ることもあります。そのため、リビングを心地よい空間にするよう意識することが大切です。
例えば、リビング内の様々な所に、座ったり横になれるスペースがあると良いでしょう。そのようなスペースを設けるだけで、部屋に籠る可能性が下がります。

●水まわり

水まわりが1か所にまとまっていると、家事の同時進行がラクになります。

例えば、キッチンで料理をしながら、お風呂に入っているお子様の様子を見に行くときに便利です。

●畳スペース

畳は、おむつ替えがラクにできますし、お昼寝のときにも最適です。また、クッション性が高いので、ひっくり返ったり転んだりしても安全です。

フローリングの場合、“置き畳”を使用してみても良いでしょう。
※置き畳…好きな場所に好きな分だけ置くことができる畳です。

子ども部屋について

子ども部屋は、成長に応じて変化させていくことをおススメいたします。

 


 

●子ども部屋はいつから必要?

子ども部屋を設けるタイミングは…

・小学生から検討する

・中学生以降で良いと思う

という意見など、様々です。

 

しかしながら「年齢による適正な時期はない」といえます。

「何歳から必要」と年齢で決めるよりも、子ども部屋をつくる目的を踏まえたうえで、お子様の成長度合いに応じて決めていくことをお勧めします。また、いきなり子ども部屋へ移行するよりも “生活基盤はリビングのままで、寝るときだけ自室にしてみる” など、徐々に移行していく方が、お子様も親も安心です。

●年齢別の注意点

【幼児期に子ども部屋を与える場合】

この時期は、親と一緒に寝る子どもが多いでしょう。

お子様の個人的なスペースというより、お子様のお荷物などを置くスペースとして考えた方が良いです。

例えば、幼稚園のカバンや制服を置く場所を決めます。そうすると、自発的に子どもが服をしまったり、お片づけをするようになるので、自立心を養うきっかけになります。

 

【小学生に子ども部屋を与える場合】

小学生になると、ランドセルや教科書、絵の具セットや体操着など、揃えておくべきものが急に増えてまいります。
こういったものを整理するスペースが必要です。

しかし、まだこの時期に子どもが1人、部屋で過ごすことは「寂しい」ことなのかもしれません。
先述いたしました通り、リビングで勉強するスペースをつくったり、自然とコミュニケーションがとれるような環境をつくると良いでしょう。

●子ども部屋を仕切る場合

お子様が2人以上いる場合、初めは共同の子ども部屋としてやや広めのスペースで使い、お子様の成長に応じて部屋を仕切るという方法があります。この場合、将来的に個室にしたときのことを想定し、部屋ごとにコンセントを設置しておくと良いでしょう。

 


 

間取りをお決めになる前に、家を建てた後の生活をイメージしてされると良いでしょう。

 

ご家族で迷われることもあるかと思いますので、是非お気軽にご相談ください。

お客様お一人おひとりに合わせてご提案いたします。

暮らしの情報一覧へ→

SUUMOは
コチラから