COLUMN

暮らしの情報

使わない手はない!家づくりがお得にできる2つの制度

使わない手はない!家づくりがお得にできる2つの制度

住宅ローン減税は消費税の引き上げにともなう住宅取得者の負担を軽減することを目的に実施されている制度です。住宅ローンを利用して住宅を取得した人は最大13年間所得税や住民税の減税措置が受けられます。 注文住宅の場合は令和3年9月末までに契約を締結すること、分譲住宅は令和3年11月末までに契約を締結し令和4年12月末までに入居することが条件です。 新築住宅の場合、条件は以下のとお 住宅ローン減税が適用されれば13年にわたって控除が適用され、所得税や住民税が安くなります。控除率は1%で、仮に4,000万円で住宅を取得したら10年間で400万円分の控除を受けることが可能です。 入居した年の翌年の確定申告時に税務署へ申請します。給与所得者の場合は2年目からは勤務先にローンの残高証明を提出すれば、年末調整時に控除が受けられます。 詳しい要件や申請方法、必要書 グリーン社会の実現と新型コロナウイルス感染症による経済の回復を目的として創設されました。一定の性能を有する住宅を取得した人に対して、「新たな日常」「防災」「地域振興」といったテーマに関連した商品 対象は新築の場合、以下のいずれかの住宅を取得した人です。 ①高い省エネ性能等を有する住宅(認定長期優良住宅、認定低炭素建築物、性能向上計画認定住宅、ZEH) ②省エネ基 令和2年12月15日から令和3年10月31日までに契約を締結した方が対象です。 取得したポイントは1ポイント1円として、以下に関連した商品と交換できます。 ・新たな日常 ・環境 ・安全・安心 ・健康長寿・高齢者対応 申請手続きは住宅グリーンポイントの事務局ホームページより可能です。詳しくは以下のページよりご覧ください。

お金のこと

MORE→

次世代住宅ポイントのススメ!

次世代住宅ポイントのススメ!

次世代住宅ポイント制度とは、一定の耐震性、省エネ性、バリアフリー性能等を満たす住宅や家事負担の軽減に役立つ住宅の新築やリフォームをされた方に対し、さまざまな商品と交換できるポイントを発行する制度 過去には「住宅エコポイント」と呼ばれる制度として2009年に導入、その後東日本大震災による復興のため2011年、地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策として2014年にそれぞれ実施され、今回が4 「環境」「安全・安心」「健康長寿・高齢者対応」「子育て支援、働き方改革」に資する住宅の新築・リフォームが対象です。 今回はその概要をご紹介します。 ●実 「環境」「安全・安心」「健康長寿・高齢者対応」「子育て支援、働き方改革」に資する住宅の新築・リフォームが対象です。 今回はその概要をご紹介します。   次世代住宅エコポイントの申請には大きく2つの方法があります。 新築やリフォームの工事を住宅を所有する方が、業者と請負契約をした後で対象となる工事をする前に事務局に対しポ 契約の期間に関しては ①2019年4月~2020年3月に請負契約・着工をした注文住宅(持家)・リフォーム ②2018年12月21日~2020年3月に請負契約・着工し、 ・ポイント発行申請期間 2019年6月3日~予算の執行状況に応じて公表(遅くとも2020年3月31日)   ・商品交換申込期間 2020年3月31日まで事務局が商品および提供事業者の募集を行っています。 募集対象は政策テーマに資する商品とされており、下記がその一例です。   次世代住宅エコポイントの申請には大きく2つの方法があります。 ①新築やリフォームの工事を住宅を所有する方が、業者と請負契約をした後で対象となる工事をする前に事務局に対しポイントを申 今回ご紹介した内容の詳細は下記の公式サイトからもご参照いただけます。

お金のこと

MORE→

増税後の住宅購入のメリット!?

増税後の住宅購入のメリット!?

現行の住宅ローン減税について、控除期間を(10年→13年)適用年の11〜13年目までの各年の控除限度額は以下のいずれか小さい額となります。 ・住宅借入金等の年末残高※×1% 所得制限の緩和による対象者の拡充(収入額(目安)で、現行の510万円以下が775万円以下に)給付額が現行の最大30万円から最大50万円に引上げられる支援策です。 目安として 一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能を満たす住宅や家事負担の軽減に資する住宅の新築やリフォームに対し商品と交換可能なポイントを付与するという支援策である。 新築住宅に関しては以下 父母や祖父母等の直系尊属から、住宅取得資金の贈与を受けて住宅を取得した場合、現行は最大1,200万円までの贈与税の非課税枠を増税後は最大3,000万円まで非課税と非課税枠引き上げる支援策である。 住宅会社、工務店を選ぶ際にはこのような支援策に詳しいかどうかも判断にすると、日々努力しているかの判断にもなるかと思いますので参考にしてください。

お金のこと

MORE→

SUUMOは
コチラから