COLUMN

暮らしの情報

構造計算はしなくて良い!?

構造計算はしなくて良い!?

建築基準法では以下項目を満たす木造建物は構造計算を義務化しておりません。 ・木造2階建て以下 ・延べ面積500㎡(151.25坪)以下 ・高さ13m以下 構造計算にもいくつかの種類はありますが、木造住宅で良く用いられる許容応力度計算とは、 それぞれの部材(柱、梁、基礎など)の限界体力を把握し、建築物にかかる固定荷重や積載荷重に長期荷重 では何故構造計算を行なった方が良いのに現在建てられている木造住宅のほとんどが構造計算行われていないのでしょうか? 構造計算は普段から行っていないと複雑で知識や時間もかかるので、やった事も無い工務店もたくさんあるのが現状で、 構造設計者に外注で依頼しようと思うと費用も掛かり、 打合せし

住宅性能のこと

MORE→

気密の大切さ

気密の大切さ

気密性が高い家は、外気が意図せず入ってこない為、外気の影響を受けづらく冷暖房も効率よく効きます。 また、現在のエアコンの畳数の設定は1964年に制定されてから改正されておらず現在ま 気密性が低いと第三種換気の換気扇付近の意図しない隙間より空気が入りこみ近いところでのみ換気しかできなくなるショートサーキット現象が起き適切に換気できず汚れた空気が室の中に留まりや、外気に含まれる 気密性が低い住宅は外気が壁内に入ってきます、温められた室内の空気が外気と混ざると急に温度が下げられ壁内結露の原因となります。 壁内結露が起きると、断熱材が濡れ断熱性能の低下が起こり 快適に住まう為には騒音の遮断も重要になってきます。車通りの多い道路に面した所では車の騒音が気にならなくなり、住宅地では家の中の音が漏れにくくなり隣家への気を使うストレスも軽減されます。 よく言われるデメリットとして空気が家の中にこもり夏に熱いと言われますが、先ほどのメリットでも説明があった通りに高気密化されていた方が24時間換気の効率が良いのです。確かに24時間換気しない場合は よく言われるデメリットとして空気が家の中にこもり夏に熱いと言われますが、先ほどのメリットでも説明があった通りに高気密化されていた方が24時間換気の効率が良いのです。 確かに24時間   弊社では全棟気密住宅とし施工しております。 また、弊社の提案する建築化空調エコエアロを採用の場合にはC値=0.5以下の超高気密住宅とし全棟気密検査も行わせて頂いております。

住宅性能のこと

MORE→

SUUMOは
コチラから